台湾 の ヌガー 牛軋糖(ニョーガータン)が美味しいと聞いたので食べ比べしてみた

4.0
台湾 の ヌガー 牛軋糖が美味しいと聞いたので食べてみる バリ・アジアの食材

台湾 の ヌガー 牛軋糖を食べ比べしてみます

ヌガーといえば「チロルチョコ」というわたしですが、今回は台湾のヌガーがどうも美味しいらしいので試してみたいなと思います。

↓これが見た目が美味しそうすぎて写真だけで買おうと決めた台湾ヌガーですね。

ナッツぎっしりー!(いろんな角度から様々な数を観察)

 

さてさて、チロルチョコのコーヒーヌガーは置いておいて、今回試したのは糖村」と「櫻桃爺爺」という2つのブランド(どちらも台湾)のヌガーでございます。

 

台湾土産でヌガーは割と有名

さっきからヌガーヌガーと言っていますが、ヌガーというのは言い換えちゃったらキャラメルです。

 

パティシエ的には分量によってキャラメルと呼んだりヌガーと呼ぶとかフランス語でキャラメルをヌガーと呼ぶとか、なにやら正式なルールがあるのかもしれませんが、食べる側としてはキャラメルで良いんじゃ…と思うくらい食感がキャラメルです。

 

台湾 の ヌガー 牛軋糖「櫻桃爺爺」のヌガーをチョイス!

 

なんとなくお洒落なのでヌガーと呼びますが、この「ヌガー」というのが台湾ではどうやらとってもメジャーな食べ物で、お土産用のヌガーも沢山あるのだとか。

 

台湾のヌガー
出典:旅々台北.com

ヌガーはミルクヌガーをベースに、抹茶、チョコレート、イチゴ、バラなど、バリエーションも豊富。飴固めも、黒ゴマ、ピーナッツ、ワサビ、アーモンドなどさまざまで、全部買ってみたくなります。一番人気はプレーンなミルクヌガーとのこと。 参照:旅々台北.com

 

こちらは台湾の夜店などでみられるヌガー屋さんの写真で、こんな感じのヌガー屋さんが駅の構内などにもあって量り売りで販売しているのだとか。

 

見た目やバリエーションを聞くとキャラメルとひとくくりにするのはなんか違うって感じがしてきますが…

 

写真で見ると生菓子感がすごーい。
めっちゃ美味しそうですよね。

 

食べたくなります!
というわけで、日本で変えるブランドのものでどうにか味わってみよう!となったわけですね。

 

台湾のお土産ヌガーブランドは色々。日本で通販で買えるヌガーは?

台湾のお土産ヌガーは色々あります。
どれを買うか悩むのもありますが、日本にいながらにして購入できるヌガーを探してみました。

 

 「糖村」のヌガーはメジャー

「糖村」のヌガーはメジャー

「糖村」のヌガーは知っている人も多く、台湾ヌガーを買うなら「糖村」という方も。

比較的日本でも手に入れやすいので、台湾に行ったことがない人でもお菓子通なら知っているという人もいるかも??

 

認知度が高い理由のひとつとして考えられるのが「糖村」は楽天市場やAmazonでも購入が可能です。(嬉しいですね!)

実は「糖村」は公式サイトもあって、そこでは珍しいフレーバーや限定のものも販売しているのですが、残念ながら日本への配送はできません。

 

時々台湾に行った方がメルカリなんかでレアフレーバーを売っていることもあるのでチェックしておくのも良いかもですね。

 

 

「糖村」のヌガーは美味しい?いちごヌガーを食べてみた感想

「糖村」のヌガーは美味しい?いちごヌガーを食べてみた感想

今回わたしが買ってみたのは、美味しいと評判のいちごヌガー。

ドライストロベリーがたっぷり入っていて、サクサクした食感も残りつつ程よい噛み心地。

 

時折いちごの酸っぱさを感じつつミルクの甘さと混ざり合うなんとも言えない上品な美味しさ!

 

おいしー!!!!

基本のヌガーは予算がなくて(笑)買えなかったのですが、これは基本のミルクヌガーもいただいてみたくなる味でした。

 

人気があるのも頷けます。

 

ではでは次はチェリー爺爺のヌガーをいただいてみます。

 

 

 「櫻桃爺爺」(チェリー爺爺)は台湾でも人気の手づくりヌガーのお店

「櫻桃爺爺」は、パイナップルケーキや手づくりのヌガーを販売している台湾でも人気のお店。

 

糖村のヌガーほどネットでは見かけませんが、日本向けにショッピングサイトを運営されていたり公式サイトで販売していないものは輸入関連の食品サイトで売っていることがあるので比較的手に入れやすい印象。

 

「櫻桃爺爺」(チェリー爺爺)は台湾でも人気の手づくりヌガーのお店

 

「櫻桃爺爺」のヌガーはパッケージもおしゃれでお土産にもよさげ!
コロナが落ち着いたら台湾行きたいなぁ(子がいるからそう簡単に思い立って行けないんですけどもねぇ)

ということで「櫻桃爺爺」のヌガーのレビューをしていきます。

 

「櫻桃爺爺」のクラシックオリジナルヌガー はどんな味だった?美味しい?

「櫻桃爺爺」のヌガー。
まずはベーシックなオリジナルヌガーをいただいてみます。

 

パッケージはどれもおしゃれなのですが、クラシックオリジナルはブルーのパッケージです。

 

「櫻桃爺爺」のクラシックオリジナルヌガー はどんな味だった?美味しい?

 

 

ヌガーといえば、ミルク味ベースのキャラメル(?)に色々な物がが練りこまれているのが特徴ですが、クラシックオリジナルはシンプルにナッツ(アーモンド)のみです。

 

「櫻桃爺爺」(チェリー爺爺)は台湾でも人気の手づくりヌガーのお店

 

実際に開けてみると…

ナッツぎっしりー!(いろんな角度から様々な数を観察)

 

「櫻桃爺爺」のクラシックオリジナルヌガー はどんな味だった?美味しい?

ヌガーは食べる時の温度によってカリッといただけたり柔らかいソフトキャラメルのように楽しんだりできるようで、カリッと楽しみたい人は冷蔵庫に入れたり冷凍庫に入れると良いらしいです。

 

逆にもっちりが良い方はちょっと暖かい部屋に置いておく(25℃以上で柔らかくなるとのことです)と柔らかテイストも楽しめます。

 

わたしはまずは届いたまんまをいただくことにしました。(11月ですよ)

 

「櫻桃爺爺」のクラシックオリジナルヌガー はどんな味だった?美味しい?

 

悲しいくらいにピントが合っていないんですが、一口食べた断面です。
食いちぎった感すごい

 

食いちぎらないと切れない感じのねっとり具合で、もちもちグニャー!でした。
ですが、台湾ヌガーを食べた人のコメントによくある「歯にくっつかない」というのに納得する噛み心地で、本当に歯にくっつきません。

 

なんで歯にくっつかないんだろー!不思議。
ハイチュウのような噛み心地なのにどこかふんわりしてナッツのカリカリが絶妙。

 

甘さ控えめでとっても上品な味です。
これはお茶請けに良さそう。
コーヒーにもお茶にも合う甘さです。

 

なるほどなるほど、これが台湾のヌガーの味!
基本の味がわかったところで次はタロイモココナッツミルクに挑戦です。

 

「櫻桃爺爺」のタロイモココナッツミルク ヌガーを食べてみた!そのお味は…

「櫻桃爺爺」のタロイモココナッツミルク ヌガーを食べてみた!そのお味は…

こちらタロイモココナッツ味でございます。

写真の薄紫っぽい部分がタロイモですね。
結構いっぱい入ってます。

 

タロイモだけではなくココナッツ入り。
早速食べてみます!

 

 

パクっと食べると。

 

タロイモサクサクー!!!!

しかも結構なココナッツ風味です。
ココナッツ好きにはたまらないココナッツ感。

 

タロイモのサクサク感とヌガーのぬちぬち感とココナッツのほろほろ感が絶妙。

冷蔵庫に入れて硬めにしていただくとまた別の感じが味わえそうです。

 

台湾ヌガーはガム食べてる時にチョコ食べた時の食感だった

今回は台湾ヌガーをいただいていきましたが、食べながらずっと思っていたこと。

 

「この食べ心地、どこかで味わったことがある…」

 

何だろう、この懐かしさのようなちょっと罪悪感を感じるほろほろほどけていく感覚…

 

よく考えてみたら思い出しました!

 

ガムを食べてる時にチョコを食べてガムがボロボロ溶けてく感じ!

 

ガムって飲み込んじゃいけないのに食べられちゃう!?という幼い頃に感じたささやかな罪悪感を思い出してしまう食感ははじめびっくりしましたが、癖になる美味しさです。

 

子どもたちも歯につかないからか、スナック感覚でもぐもぐ食べていました。

 

 

個人的に気に入ったのはいちごのヌガーかな。
いろんなフルーツが入っているタイプがあるようなので色々試してみたいと思いました。

(Visited 8 times, 1 visits today)
この記事を書いた人
アジアのよいもの探しブログ

WEBのデザインや解析などなどおこないつつアジアの雑貨について粛々とつづっているブログです。
色々やってます。

「つなぐデザイン」というデザイン屋さんをしています。
デザイン・解析・集客などなど全部まとめてご一緒します。
↓ このおうちマークからつなぐデザインにいけますよ。

アジアのよいもの探しブログをフォローする
バリ・アジアの食材 全ての記事 台湾
日本とアジアの良いもの探しブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました